学会誌・その他刊行物

執筆規定

執筆規定

  • ⾔語・⽤紙・書式
    ⽇本語または英語,A4 判縦置きの⽤紙を⽤い横書きで記載.40 字×30 ⾏(シングルスぺース)で余⽩は上下左右 2.5㎝をもって 1 枚とする.⽂字の⼤きさは 11.0ポイントとする. 表紙から⽂献まで通しの⾴番号を明記する.また、要旨から⽂献まで通しの⾏数を明記する.
  • 原稿の形式
    (1)
    要旨(1⾴⽬)
    (a)表題(⽇本語と英語で併記) (b)投稿区分(原著・実践報告・短報・総説・解説・資料・その他のいずれか 1 つを選択して記載)
    (c)著者名(⽇本語と英語で併記)
    (d)所属機関(⽇本語と英語で併記)
    (e)連絡先(連絡著者名,住所,施設名,TEL,E-mail)
    (f)図表の枚数
    (g)必要別刷部数
    (h)別刷送付・請求先.
    (2)
    ⼈を対象とする医学系研究に関する倫理指針に基づいたものであること. 尚,筆頭著者の所属施設に研究倫理委員会が設置されていない場合には,共著者の所属施設に設置された同委員会の承認を得ること.共同執筆者の所属施設にも同委員会が設置されていない場合には,ヘルシンキ宣⾔(http://www.med.or.jp/wma/helsinki.html)を熟読し,研究倫理に⼗分に配慮して⾏われた研究であることを明記すること.
    (2)
    要旨(2⾴⽬)
    (a)表題を記載する.(著者名・所属は記載しない.) (b)要旨を次⾴の表に従い記載する.
    (c)キーワード(3 語以内,⽇本語で記載)
    キーワードは論⽂内容の核となる⽤語であり,表題の情報を補⾜する⽤語が相応しい.表題に含まれている⽤語は⾃動的に検索情報として処理されるため,キーワードとして選出する必要はない.
    (3)
    英⽂抄録
    (a)表題を英語で記載する.(和⽂要旨同様,著者名・所属は記載しない.)
    (b) 英⽂抄録を次⾴の表に従い記載する
    (c)key words(3 words 以内,英語で記載)
    (4)
    本⽂など: 原著および短報は緒⾔,⽅法,結果,考察,引⽤⽂献,図の説明の順に記載する.実践報告と資料は原著に準ずる.実践報告のうち症例研究(報告)の場合は,①⽅法,報告対象となる⼈・事象について,指導(介⼊・観察)期間、年齢、性別、競技やスポーツの種別とレベル,②指導(介⼊・観察)の⽬的と⽅法,③結果(事前の所⾒,経過),④考察,⑤結論(まとめ)の順に記載する.⽂章のボリュームについては次⾴の表に⽰す.
    (5)
    ⽂献:本⽂中で引⽤⽂献に⾔及した場合,⽂章の右肩か著者名の右肩に,末尾の引⽤⽂献に照応する番号を付ける.
    例: ⼭本 1)によれば.........
    複数の引⽤論⽂を⽰す場合には 1,2)のようにカンマで数字を区切り、ひとつの括弧)でまとめて記載する.
    引⽤⽂献は,原則として学術的評価を経て公表された論⽂,書籍,ガイドライン,報告書並びに官庁等が発翰した省令,通知等に限る.印刷物を優先するが,やむを得ずインターネットから引⽤する場合は公的機関からの引⽤のみ認め,URL のほか参照⽇を記載する.学会が主催する学術集会の講演要旨は,⽌むを得ない場合に限り引⽤することができる.
    (a)引⽤⽂献の記載順序は本⽂中の引⽤順にして本⽂中の番号と照合する.⽂献表の著者名は“ほか”,“et al.”と省略せず,全著者名を列記する.⼈名の記載順は姓を先にして名を後にする.本⽂中に引⽤されていない⽂献は⽂献表に記載しない.
    (b)雑誌から直接引⽤する場合
    番号,著者名:論⽂表題,掲載雑誌,巻(号):⾴ (始⾴-終⾴),⻄暦年数の順に記す. 雑誌名はイタリック体で⽰す.
    例:加賀⾕善教,中條智志:⼥⼦バスケットボール選⼿の年代による⾝体機能の差~中学⽣と⾼校⽣に対するメディカルチェックの結果から~,体⼒科学,62(3) : 207-213,2013.
    (c)単⾏本から引⽤する場合
    番号,著者または編者名:章名, 書名(章名がある場合は書名をイタリック体にする), 版数 (括弧に⼊れる), 編者名(章著者がある場合), 発⾏所, 発⾏所の所在地, 引⽤⾴, ⻄暦年数の順に記す.
    例:福林徹:スポーツ外傷の疫学, 新版スポーツ整形外科学, 南江堂, 東京, 18-27, 2011.
    (d)訳本から引⽤する場合
    著者名 ,(訳者名):タイトル, 出版社, 地名, ページ, 出版年の順に記す.
    例:アメリカスポーツ医学協会編(⽇本体⼒医 学会体⼒科学編集委員会監訳):運動処⽅の指針─運動負荷試験と運動プログラム─ 原著第 8 版, 南江堂, 東京, 57-108,2011.
    (e)欧⽂の雑誌と単⾏本から引⽤する場合. 雑誌名はイタリック体で⽰す.
    例 1: Kevern MA, Beecher M, Rao S. : Reliability of measurement of glenohumeral internal rotation, external rotation, and total arc of motion in 3 test positions. JAthl Train, 49 (5) : 640-646, 2014.
    例 2: Loudon J, Bolgla LA, Greer SA. : The Female Athlete.In: Athletic and Sports Issues in Musculoskeletal Rehabilitation. (Magee DJ, Manse RC, Zachazewski LE,Quillen WS, eds), Elsevier Saunders, St Louis, USA, 631-650, 2011.
    (6)
    図表:説明⽂をつける.挿⼊場所を本⽂に⾚字で指定する. 図表の使⽤にあたってはオリジナリティを厳守すること.表 投稿区分ごとの⽂章ボリューム
      表紙 要旨 英⽂抄録 本⽂のみ ⽂献 図表
    原著 1⾴ 300字以内 300字以内 8000字以内 30個以内 8個以内
    実践報告
    資料等
    1⾴ 200字以内 200字以内 8000字以内 20個以内 8個以内
    短報 1⾴ 200字以内 200字以内 4000字以内 15個以内 4個以内
    総説・解説 1⾴ 200字以内 200字以内 8000字以内 50個以内 10個以内